P1100116
2017/10/30
LINEGOOGLE+HATENAFACEBOOKTWITTER

脱臭ハンガー(MS-DH100)で外出時の服についたニオイがスッキリ解消。そのすごい実力とは?

今まで何でなかったんだろう!気になっていたコートやセーターなど、お洋服のニオイ対策に朗報です。

寒い冬でも、通勤電車では汗をかき、仕事場や集まりの場でのタバコに閉口しつつも、打つ手立ても少なくて、特に外食後の帰宅時は必ずバスルームに衣類を吊るしていた毎日を、力強くサポートしてくれる”脱臭ハンガー”がいよいよ登場しました。

衣類の内側と外側からニオイのケアをしてくれるというその実力を、Panasonic Store Womanエディターが検証します!花粉も抑制効果があり、クリーニングで繊維を傷めることも減りそうなこの1本、コスパも悪くない、と良い事づくしかもしれません。今までありそうでなかった進化系ライフスタイル家電に迫ります。
deo

検証その1.セーターなどのトップス類での消臭ケア

着用頻度も高く、素肌に直接着ることも多いセーターや、扱いが難しい異素材使いのトップス、ワンピースで試してみる。

P1100031

「出すべきか、出さざるべきか。それが問題……」。

大したことではないとはいえ、日常的にちょっとは悩む洋服のクリーニング問題。シーズンの変わり目や、諦めがつくほど汚れたとき、汗じみなどはもちろんプロにお願いするものの、費用や服の劣化を考えると、できるだけ頻度は減らしたいものです。

我が家は、フリーランスライターの私と、会社員の夫の二人暮らし。仕事はもちろん、イベントに旅行、クラシックコンサートなどに出かける私たちは、様々なシーンに応じた服を持っています。1回着ただけの服をその都度プロにお願いしていては、まず費用がかさんでたまりません。

ただ、自分のミドル臭や、強烈なもらい臭(タバコ、焼き肉、燻煙など)を吸収してしまったりしたら、さあ大変。クローゼットに入れるなんて、とんでもな い!他の服にニオイ移りが気になって、一晩ベランダに干しておいたり、消臭スプレーをかけてみたり。アフターケアがかなり面倒でした。しかも、それでは 解決しないこともしばしばだったのです。

そして今回、噂を聞きつけたのが脱臭ハンガー。そのパワーを検証してみました。
closeLEDランプ(青色):通常モード(運転時間 約5時間)/ LEDランプ(オレンジ色):ロングモード(運転時間 約7時間)

まずは、意外と汗をかく秋口には素肌に一枚で、冬には重ね着のインナーとして大活躍する薄手ニットや、消臭スプレーをかけるのがちょっと心配な異素材使いのトップス、スパンコールやチュールをあしらったワンピースで試してみました。まず感じたのは、とにかく手軽だということ。

そして翌朝、その威力に驚かされました。クローゼットを開けると、5時間の脱臭が終わり、スイッチは自動的にオフになっています。クローゼットから取り出し、ニットを直接嗅いでみると、何のニオイもしません!

チカラの秘密は、「ナノイー X」

「ナノイー X」が繊維の奥まで入り込み、脱臭に高い効果を発揮するためだとか。さらに、衣類に付着した花粉も抑制するというから、春の使用にも期待が高まります!もちろん、同じクローゼット内の他の衣類にもニオイ移りなし。むしろ他の衣類のニオイまでなくなっているよう。まるで空気清浄器を取り付けたように、クローゼット内全体がリフレッシュしていました。

img06

  • img07「ナノイー X」が的確に繊維に
    染み込んだニオイに届き
  • img08OHラジカルが
    ニオイの原因物質を分解
  • img09ニオイを脱臭

商品詳細はこちら

検証その2.アウターの消臭ケア

つらい“もらい臭”。タバコ、くん煙、アルコール、油のニオイが染み込みやすいヘビーローテーション必至のアウター類が、どこまでリフレッシュできるか?
脱臭ハンガーの威力を実感したところで、さらにハードルを高くして、アウターのニオイケアに挑戦してみました。

P1090733

選んだのは、春秋にヘビロテしたい薄手ながらしっかり素材のコート。外側はハリのあるコットン、内側はゴムなのでニオイを吸収しにくいと思いきや、襟元はコットンなのでしっかり吸い込みます。しかも、コットン素材はクリーニングに出せば出すほど退色してしまうので、非常にやっかいでした。

なぜなら、これまでほかの素材でやっていた消臭対策が、このコートにはことごとくNGだから。使われているコットンは、日に当てても退色を進めてしまいますし、消臭スプレーをかけると水分をすぐに吸収するのでシミが気になってしまいます。こだわりを持って選んだアイテムは、お手入れも一筋縄ではいかない場合も多いのです。

そこで毎シーズン、汗をかきそうな日、ニオイのつきそうな場所に行くときは、“これを着たい!”という気分を諦めることもしばしば。そんなときこそ、脱臭ハンガーの出番というわけです。ちょうど、てんぷら屋さんに行くことがあったので、勇気を出してお気に入りのコートを着てみました。店内にゴマ油の良い香りが終始漂うお店で過ごした後は、髪やセーターに美味しそうな香りが移っています。決して嫌いな香りではないですが、時間が経てば酸化した脂っぽいニオイに変わります。

P1100099_
そこで、前回よりも脱臭効果を高めるため、ハンガーにコートをかけたら衣類用カバーに入れてボタンを長押し。7時間のロングモードにして、脱臭ハンガーにケアを託しました。

翌日、クローゼットを開けると、前回と同じフレッシュな空気が。はやる気持ちを抑えて、衣類用カバーをはずし、コートを取り出すと、何も感じません。付着したニオイを分解脱臭することで、内側と外側のニオイを一気に解決してくれるのです。
これなら、自分の汗のニオイ、ミドル臭はもちろん、頑固なもらい臭を吸収しやすい厚手のウールのコートも安心して着られ、思い切りおしゃれを楽しめそうです。

まとめ

1台ではじめられる新習慣

ニオイがハラスメントのひとつになると言われる現代では、ニオイケアもマナーのひとつとされています。だからといってクリーニングにたびたび出していては、その手間も費用も、素材のいたみもどうしても気になってしまうもの。

例えば、裏にゴム引き加工などがされている特殊素材やファー使いのアウター、異素材使いのトップスなどは、色落ちやシミの恐れ、風合いを失う心配から消臭スプレーをかけるのも心配。しかも、屋外に干して日や風に当てておくだけでは、強いニオイを消すことはできません。でも、脱臭ハンガーがあれば、クリーニング代や出す手間も省け、もらい臭の心配がある場所へも、思い通りのおしゃれをして出かけられそうです。

忙しい毎日を送る女性たちにとって、“ハンガーにかけておくだけ”の手軽さで大人の身だしなみであるニオイケアができるだけでも便利なのに、その上、1回1円※と経済的なのも嬉しい限り。厚手の素材を使ったアイテムが活躍するこれからの季節には毎日使いたいケアツールなのです。

もちろん、焼き肉やタバコのニオイを頻繁にもらって来てしまう夫のスーツにも使わなければ!

自分らしいスタイルを最大限楽しみ、大好きなアイテムを大切に長く愛用したい方へのおすすめツール、脱臭ハンガー。おしゃれ好きに欠かせない新習慣がこれ1台ではじめられそうです。

商品詳細 脱臭ハンガー(MS-DH100)

  • img03_spn
  • img03_spn_2
消費電力 約4.5W
大きさ(約cm) 幅×奥行×高さ
400×88×281mm
質量 約520g
運転音 約35dB
運転時間 通常モード/約5時間、ロングモード/約7時間
付属品 ACアダプター、専用ケーブル、衣類用カバー

※ 新電力料金目安単価 1 kWh=27円(税込)で 計算

脱臭ハンガーで手軽にお洋服のニオイ対策!「夢のある暮らし」を描こう。-Panasonic Store Woman-

牧口じゅん
EDITOR
映画・ファションライター
牧口じゅん
映画サイト、商業誌を中心にコラムやインタビュー記事を執筆。ドッグマッサージセラピスト、フードアナリストの資格を持ち、映画を通したライフスタイル系原稿も手掛ける。
P1100116

この記事が気に入ったら

メルマガ登録(無料)

毎週、最新情報をお届けします。

この記事をシェアする
LINEGOOGLE+HATENAFACEBOOKTWITTER
『Panasonic Store Woman』
Panasonic Store Womanは、輝き続けたい女性と共に「夢のある暮らし」を描きます。
  • Facebook フォローする
  • Twitter フォローする
  • 無料メルマガ
  • お問い合わせ
PageTop
  • カメラで広がる世界
  • 美容家電ができる最高のケアの、その先へ。

KV_20171109

Panasonic Beauty PREMIUM クリスマスキャンペーン実施中!

詳しく見る

閉じる

KV_20171109

Panasonic Beauty PREMIUM クリスマスキャンペーン実施中!

詳しく見る

閉じる