1220ans01
2016/12/20
LINEGOOGLE+HATENAFACEBOOKTWITTER

ひとりで頑張っている人が多数。アンケートからわかった「キッチン大掃除」事情

毎日使う所だけに一年に一度は徹底してお掃除したいキッチン。でも、コンロ周りや換気扇など苦戦する場所が多くて、なかなか落ちない油汚れに心が折れてしまうことも……。そんな時に思うのが、「こんなに大変なら誰かに手伝ってもらえば良かった!」。はたして巷のご家庭では、“一人みっちり派”が多数? それとも“手伝ってもらう派”が多いのか。アンケートしてわかったキッチン大掃除について、回答いただいた皆さまの意見をデータにしてご紹介します!(有効回答数112名)

 

ほとんどの家庭がコマメにお掃除

Q キッチンお掃除の頻度は?

いつも清潔でありたいキッチン。
コマメにお掃除する方が多く、約40%の方が「ほぼ毎日」と回答しました。そこで気になる1回のお掃除にかける時間ですが、15 分から30分程度との回答が半数を超え、1時間から2時間程度が約30%。5分程度と答えた方は約10%。回数を減らし、じっくり半日かけるといった方は、少数 でした。
意見としては、汚れが目立つ場所だけお掃除するようにする方と、大変にならないうちにする方と分かれています。共働き家庭では、キッチン 掃除だけに時間をかけられないというのが本音!?

1人でやる派が圧倒的多数

graph1

graph2

一人でやる派が圧倒的多数。キッチンではなく「他を手伝ってもらう」という方が多くいました。手伝ってもらわない理由としては「嫌がるから」「手伝っても らってもキレイにならない」という意見も多く、キッチンは自分の担当だと意識され、思うようにきれいにしたいという傾向が見受けられます。

手伝ってもらう派にはコツがある?

graph3

一方、手伝ってもらう場合は、「褒める」「大変さをアピールする」「お小遣いをあげる」「怒る」など、パートナーの やる気をくすぐる小ワザがある一方で「何もしなくても手伝ってくれる」という回答も多数でした。「何もしなくても手伝ってくれる」と回答した方 の一部は複数回答で「褒める」を選択されており、「褒める」はお互いに気持ち良く手伝ってもらうためのコツなのかもしれませんね。

やっぱり苦戦? お掃除しにくい第1位は「換気扇・レンジフード」

Q キッチンお掃除で苦戦する場所は?

お掃除しにくい「換気扇・レンジフード」が堂々のトップ。続いてギトギトしつこい油汚れやニオイがなかなか落ちない「ガスコンロ・魚焼きグリル」となりました。特にグリルは中面を取り外さなければならないなど、徹底すれば大変な作業で、取りかかったはいいが、とても一人ではやりきれないとあきらめてしまう人もいるようです。

プロのお掃除代行サービスは利用経験ありの85%が「満足」と回答

Q お掃除代行サービスを利用したこがありますか?

利用経験なしが88%、経験ありが12%と、ほとんどの方がキッチンお掃除のプロ代行サービスを受けたことがないと回答。ただし、経験なしの70%の方が「利用 したい」と思っていると答えています。先のアンケート結果から、一人で頑張って掃除しようと思っている方が多く、やはり「キッチンは大掃除の最大の難所」 であることがうかがえます。利用経験ありの85%もの方がサービスに「満足」と答えていることを考えると、年に一度の徹底お掃除では、日ごろ頑張っている 自分へのプレゼントとしてプロに頼むというのも選択肢に入れて良いのでは。

 

まとめ
夫婦・家族で分担せず、キッチンお掃除は“一人でやる派”という家庭がほとんどであることがわかった今回のアンケート結果。一人で頑張っても、ちょっと悔しいことにその成果や苦労はキッチンに立つ人以外には伝わりにくく、徹底してやるつもりだったのに、ついつい手を抜いてしまうことも仕方ないことかも知れませんね。
また、プロ代行サービスの満足度は高いのに、利用している人は以外と少ない現状。もし利用金額が壁になるのなら、キッチン全体を頼むのではなく、部分的にプロに頼む方法もひとつの手。苦戦する場所の2位となった「ガスコンロ・魚焼きグリル」だけを任せるだけでも、大掃除の負担は大きく減り、年末の時間を家族とゆっくり過ごしたり、他のことに有効活用することができるようになるでしょう。今まで利用したことがない人はぜひ一度頼んでみては? こんなに気持ちにゆとりが持てるんだ! と気づくかもしれません。
IHクッキングヒーター グリルクリーニングサービス体験レポートはこちら

頑張るあなたを応援します。「夢のある暮らし」を描こう。-Panasonic Store Woman-

  
有馬敏浩
EDITOR
コピーライター
有馬敏浩
育メンコピーライター(一女の子育て中)。新聞広告・商業系グラフィックや不動産広告・SP ツール・WEB・ブランディング企画、PR媒体など幅広いジャンルで活躍中。

Panasonic Storeのメルマガ登録で

●「夢のある暮らし」のヒントを毎週お届けいたします

●読者限定イベントにご招待(抽選)いたします

例)電動アシスト自転車「安全教室&乗り比べ体験会」

●読者限定キャンペーンにご参加でプレゼントが当たる!

例)夢が当たるキャンペーン
例)サイトアンケートキャンペーン

ご登録はこちらから

この記事をシェアする
LINEGOOGLE+HATENAFACEBOOKTWITTER
『Panasonic Store Woman』
Panasonic Store Womanは、輝き続けたい女性と共に「夢のある暮らし」を描きます。
  • Facebook フォローする
  • Twitter フォローする
  • 無料メルマガ
PageTop