20161212camera011
2016/12/12
LINEGOOGLE+HATENAFACEBOOKTWITTER

SNSにあげたくなる「技ありイルミネーション写真」を撮る方法

本格的な冬がやってきました。冬の被写体といえば、イルミネーションですね。きらきらと輝くイルミネーションは誰もがカメラを向けたくなる被写体の一つです。しかし、実際に撮影してみると、思い通りに写すことができず、難しいと感じる方も多いはず。ここではイルミネーションを撮影するコツをご紹介したいと思います。

 

まずは撮影する時間帯が大事!?

トワイライト
トワイライト

日没後
真っ暗な空

イルミネーションを遠景として、撮影する場合は撮影する時間帯が大事です。
それはトワイライトに撮影すること。
夕日が沈み、空の赤みがなくなり、青みが増した空のことをトワイライトといいます。この空の時に撮ると空に表情がありイルミネーションがキレイに見えます。
トワイライトは20分程度で終わり、真っ暗な空へと変化してしまいます。そのため、トワイライト前にカメラのセッティングを終わらせておくのが好ましいです。イルミネーションだけでなく、夜景撮影においても、トワイライトで撮影することをおすすめします。

 

イルミネーションは露出をプラスに!明るめに撮りましょう

露出補正なし
露出補正なし

露出補正あり
露出補正あり

イルミネーションを全体的に撮影すると、見た目よりも暗くなってしまう場合が多いです。空とイルミネーションの比率によって明るさは変わりますが、印象よりも暗く感じたら、露出をプラスに補正しましょう。そうすることで、イルミネーションの輝き一つ一つを目立たせることができます。

 

三脚を使わずにイルミネーションを撮る方法

イルミネーションを撮影するときは三脚を使って撮影するのがセオリーですが、ここでは手持ちで気軽撮影できる方法をご紹介します。
手持ちで撮影する設定
Aモードに設定して、F値を小さく(開放F値)にします。(単焦点レンズのようにF値が小さなレンズがあると便利です。)一枚写してみて、手ぶれしてしまうようならISO感度の数値を大きくしましょう。

 

アーティスティックな光の玉を作りましょう

flower

イルミネーションなどの点光源をぼかすことで、作例のような丸くぼやけた光の玉を作ることができます。このような丸くぼけた光のことを「丸ボケ」といいます。印象的な丸ボケを作るためには単焦点レンズや望遠レンズがあると便利です。

Aモードに設定して、F値を小さく(開放F値)にします。望遠レンズを使う場合はズームを望遠端にしましょう。このように設定することで、ボケを大きくすることができるので丸ボケを大きく映すことができます。

 
①前に被写体を置いて背景をぼかす
手前に被写体を置いて背景をぼかす

丸ボケを作る方法は2つあります。一つ目がイルミネーションの前に被写体を置いて、背景をぼかして、丸ボケを作る方法。コツは上記の設定で、背景にはできるだけ遠いイルミネーションを選ぶと大きな丸ボケを作ることができます。イルミネーションが近すぎるときれいな丸ボケが作れません。

マニュアルフォーカスでピントをはずす
マニュアルフォーカスでピントをはずす

もう一つは丸ボケだけを作る方法です。フォーカスモードをマニュアルフォーカスに切り替えて、ピントを外すと、光源がぼけて丸ボケになります。フォーカスリングを回しながら、好きな大きさの丸ボケを作ってみましょう。

 

オリジナリティー溢れるイルミネーション写真

8

少し高度ですが多重露出という機能を使えば、こんな幻想的な写真になります。多重露出とは、複数枚の画像を重ねて、一枚の写真に自動的に合成する機能のこと。作例はメリーゴーランドの写真と丸ボケの写真を重ねて撮影しました。

9

ポイントは重ねるスペースを作りながら、先に主被写体を撮影します。そして、余白に次の写真を重ねるようにすると、バランスがまとまりやすくなります。

 
イルミネーション撮影は難しいと思われがちですが、ちょっとしたコツで印象的な写真が撮ることができます。冬の風物詩のイルミネーションですが、外での撮影が寒い季節です。防寒をしっかりとしながら、きらきらと輝く美しいイルミネーション撮影を楽しんでください。

コムロミホ
EDITOR
フォトグラファー
コムロミホ
人物を中心として広告や雑誌等で撮影をする一方、ライフワークでは海外、国内で街スナップを撮り歩いている。
20161212camera011

この記事が気に入ったら

メルマガ登録(無料)

毎週、最新情報をお届けします。

この記事をシェアする
LINEGOOGLE+HATENAFACEBOOKTWITTER
『Panasonic Store Woman』
Panasonic Store Womanは、輝き続けたい女性と共に「夢のある暮らし」を描きます。
  • Facebook フォローする
  • Twitter フォローする
  • 無料メルマガ
  • お問い合わせ
PageTop