KV_20170925
2017/9/25
LINEGOOGLE+HATENAFACEBOOKTWITTER

こだわりの分だけ旨さギッシリ!「お米へのこだわり」アンケート結果発表

8月上旬から10月中旬にかけては新米の季節です。食卓に上る甘みのあるふっくらとした美味しいご飯を楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。

でも新米は研ぎ方で失敗したり、吸水の水加減が難しかったりと、思っていたより上手く炊けなかったということもありますよね。

そこで今回は、『美味しい新米の季節、みなさんの「お米へのこだわり」を教えてください』というアンケートを実施し、“お米へのこだわり”について皆さまのご意見を伺いました。ぜひ今日の美味しいご飯のための参考にしてみてください!(有効回答数380名)

まったく食べない日もあると答えた方は1割

1
2
7

食事には欠かせないイメージの“お米”ですが、炊くのに手間がかかる上に保存方法が難しいなど、様々な理由から日本人のお米離れが深刻な問題になっています。

JA全農の調べによれば、お米の消費量は年々右肩下がりで、現在の日本の年間お米消費量は約762万トンと10年前に比べ約76万トンも少なくなっているそうです。*¹

そこで『毎日お米を食べますか?』という質問をしたところ、「ほぼ毎日食べている」が77%、「まったく食べない日もある」が10%となりました。

『新米の季節は白米を食べる頻度が増えますか?』という質問に対しては、「かなり増える」が23%、「やや増える」が28%と回答。約半数の方が新米の季節を楽しみにしているという結果になりました。

ご飯に関する悩みについて『ご飯について難しいと思うことは?』という質問では、「炊きあがりの固さ・やわらかさ」が1位に。続いて2位「炊飯器選び」、3位「保存方法」、4位「少量だと美味しく炊けない」、5位「お米選び」の順となりました。

お米を選ぶ際に、いちばん重視するポイントは「銘柄」

3
6

『お米を選ぶ際に一番重視されるポイントは?』という質問をしたところ、もっとも多かったのが「銘柄」。続いて「産地」、「精米日の新しさ」の順となりました。

スーパーから重い思いをして買わなくても、インターネット利用で様々な銘柄のお米が、すぐに手軽に購入できる昨今らしい回答となりました。「価格の安いもの」は上位から5番目となっており、“ご飯を食事のメインと考える”日本人ならではの結果ではないでしょうか。

自分の好きな銘柄の“お米”も炊きたてなら、美味しくて当然。しかし、保存してからのご飯はどうでしょう?『残ったご飯の保存方法は?』という質問では、「冷凍する(51%)」、「冷蔵する(27%)」、「炊飯器で保温する(13%)」、「食べきる(6%)」という結果になりました。
  
「冷凍する」という方法についてお米農家の方に伺ったところ、“あらかじめ保存しておく分を決め、炊きたての状態で柔らかくラップして冷凍すれば、水分が蒸発せず解凍した時もふんわりと美味しく食べられる”とのことでした。冷蔵でニオイや固さが気になる方や炊飯器の保存で電気代が気になる方は、ぜひ試してみてください。

美味しく炊ける「炊飯器」とは?

5
4

『好きなご飯の炊きあがりは?』という質問で、「普通」が55%と圧倒的に多かったのですが、実は、この美味しい「普通」を常に仕上げるのは炊き手にしか判らない至難のこと。

『どのようにご飯を炊くことが多いですか?』という質問では、「IH炊飯器」と「電気炊飯器」が同等の45%で、全体の9割。「土鍋」4%、「ガス炊飯器」3%という回答になりました。フリーアンサーとして“炊飯器選びにとにかく悩む”という意見が多かったのも納得がいきます。

そこでパナソニックがご紹介したい炊飯器が、大火力おどり炊きと可変圧力おどり炊きのふたつの炊き技で、お米を激しくおどらせ、甘みともちもち感のある銀シャリに炊きあげる“Wおどり炊き搭載 JW7”です。

この炊飯器は、日本の家事事情や日本の伝統工芸などにこだわった“Jコンセプト”を元に、  
3万人の家電調査から生まれたパナソニックの知恵と技術を集結させた新しい家電で、お米の国ならではの繊細な心くばりが随所にちりばめられています。

3合炊きでここまで甘くて美味しいの!?高機能なJコンセプト炊飯器「Wおどり炊き搭載 JW7」でもちもちご飯を炊いてみた
フードコーディネーターMieが実演!Wおどり炊き搭載 JW7についてはコチラ
3合炊きでここまで甘くて美味しいの!?高機能なJコンセプト炊飯器「Wおどり炊き搭載 JW7」でもちもちご飯を炊いてみた

美味しいご飯へのこだわり

ご飯を美味しく炊くためのこだわりについては、以下の回答をいただきました。

◎玄米をその都度、精米する。洗米後、最低でも30分以上は浸水させる。
◎しっかりと研いで、いったん水切りし、少し置いてから炊く。銘柄によって研ぎ方を変える。
◎お米の銘柄によって水加減を調整する。新米では水加減が違うので好みになるよう気をつける。
◎日本酒やにがり、氷などを入れて炊く。
◎ミネラルウォーターを使って洗い、炊く。
◎常に炊きたてを食べたいので、食べる分だけを炊くようにしている。
◎ご飯の美味しさは炊飯器によって変わる。なるべく良いものを購入する。

炊き込みご飯はよくつくる?

8

白米以外のご飯の食べ方については、約70%の方が「炊き込みご飯をよく作る」と回答しました。その他、「おかゆ」や「おこわ」など、皆さん白米以外の食べ方も楽しんでいるようです。

好きなご飯のお供をフリーアンサーとして伺ったところ、梅干しやお漬け物という回答が多く、塩辛や納豆、佃煮など、どれを聞いても白いご飯が食べたくなる定番が数多く登場しました。新米の季節であれば、メインのおかずでまず一杯、続いて好きなお供でもう一杯と、ご飯をお替わりしたくなりますよね。

まとめ
“お米”とひとことで言っても、日本穀物検定協会が定める特A受賞品種だけで42銘柄(平成28年)*²も数えられるなど、日本全国には様々なブランドが存在します。その中から自分にあった“お米”と出会うのは、本当に難しいことと思います。

食事に関しては妻に完全な主導権のある我が家でも、“お米”選びだけは違います。とある定食屋さんのご飯の美味しさに感動し、ご主人から聞き出した産地銘柄の“お米”を食べ続けています。

今回のアンケートでは、多くの方が“お米”にこだわりを持っており、ブランドだけでなく炊飯器選びにも強いこだわりを持って厳選しているのだということが判りました。せっかく出会えた美味しい“お米”。これをもっと美味しく食べるために、我が家も炊飯器選びに迷ってみたいと思います。

出典:農林水産省のお米消費データ
出典:お米のブランド種類(日本穀物検定協会)

美味しいご飯は毎日の幸せ。「夢のある暮らし」を描こう。-Panasonic Store Woman-

有馬敏浩
EDITOR
コピーライター
有馬敏浩
育メンコピーライター(一女の子育て中)。新聞広告・商業系グラフィックや不動産広告・SP ツール・WEB・ブランディング企画、PR媒体など幅広いジャンルで活躍中。

アンケートに答えて、豪華特典を当てよう!

ショッピングポイント・クーポンや景品など豪華特典が当たる会員限定のアンケートキャンペーンを定期的に開催しています。メールマガジンで随時ご案内しておりますので、ぜひご登録ください。

メールマガジンご登録はこちらから

KV_20170925

この記事が気に入ったら

メルマガ登録(無料)

毎週、最新情報をお届けします。

この記事をシェアする
LINEGOOGLE+HATENAFACEBOOKTWITTER
『Panasonic Store Woman』
Panasonic Store Womanは、輝き続けたい女性と共に「夢のある暮らし」を描きます。
  • Facebook フォローする
  • Twitter フォローする
  • 無料メルマガ
  • お問い合わせ
PageTop
  • カメラで広がる世界
  • 美容家電ができる最高のケアの、その先へ。

会員限定キャンペーンやイベント、最新情報などをお届けいたします!

閉じる

無料メルマガ登録

会員限定キャンペーンやイベント、最新情報などをお届けいたします!

閉じる

無料メルマガ登録