20170807KV

現在実施中のアンケート

【第二回】あなたの「ここが好き!」を聞かせてください!Panasonic Store Womanサイトアンケート
somenKV1
2017/8/7
LINEGOOGLE+HATENAFACEBOOKTWITTER

やっぱりみんな大好きな“そうめん”。 美味しい食べ方がこんなに集まりました!

今年は梅雨時期から暑い日が続き、外の猛暑と室内のクーラーによる寒さの温度差で既に夏バテ気味だという方が多いのではないでしょうか?

そこで今回のアンケートでは、『アレンジ次第でいろんな味が楽しめる!夏の定番メニュー“そうめん”レシピ大募集』を実施。皆さまからご応募いただいた写真をメイン画像などに掲載させていただきました。

シンプルに食べるのもいいけど、簡単アレンジで美味しくて飽きない“そうめん”の食べ方をご紹介していきます。体力の消耗を防ぎ、回復させるには、なんと言っても食事がいちばん。“そうめん”の新しい食べ方に出会いたいという方は、ぜひ皆さまのご意見を参考にして作ってみてくださいね。(有効回答数1,190名)

週に1度は食卓に“そうめん”が半数以上

そうめん好きですか?
そうめんを食べる頻度は?
そうめんが好きな理由は?

日本の夏の麺料理と言えば、やっぱり“そうめん”。氷水や流水をくぐらせた清涼感たっぷりの“そうめん”の人気は高く、『そうめんが好きですか?』という質問に対し、「好き」と答えた方は87%となりました。

『そうめんを食べる頻度は?』という質問に対し、トータルで70%ものご家庭が週に1度以上“そうめん”を食卓に登場させているという結果になりました。『そうめんが好きな理由は?』という質問では、手軽さ、のど越しの良さ、美味しさ、という順となり、「食欲がなくても食べられるから」という意見も数多く集まりました。

栄養面での偏りが気になる・・・

定番の食べ方は?
そうめんで不満なことは?

定番の食べ方としては、薬味のみでシンプルに食べる派と具材を加える派の意見が大きく分かれる結果となりました。

「具材を加える」という回答が多かった理由は、『そうめんで不満なことは?』という質問で断トツの答えとなった「栄養面での偏りが気になる」が大きく影響していると考えられ、炭水化物が主な栄養成分となる“そうめん”は、夏野菜などの具材をプラスすることで、夏に必要な栄養素を補いたいと考えているご家庭が多いからではないでしょうか。

人気のサイドディッシュは天ぷらが堂々の1位

好きなトッピングは?
一緒に食べたいサイドディッシュは?

“そうめん”の味わいには、ネギや大葉・しそなどのほんのりとした薬味の香りや風味のトッピングが好まれているようです。

『一緒に食べたいサイドディッシュは?』という質問では、圧倒的な人気で「天ぷら」が1位となりました。“そうめん”は、ご飯に比べカロリーが高め。それでも「天ぷら」という答えが多かった理由は、シンプルな味わいだけではモノ足りず、夏に負けないパワーが欲しい!ということではないでしょうか。こちらでもシンプルに食べる派と具材を加える派で、好みの味わいや栄養面での考え方が大きく対立する結果となりました。

どれも美味しそう!投稿いただいたオリジナル“そうめん”

“そうめん”の産地は、揖保の糸で有名な兵庫県たつの市をはじめ、全国に17か所。食べ方も実に県民性が豊かで、夏野菜のカボチャを一緒に煮込む長崎県の「ぼふらそうめん」や、ゴマたっぷりの味噌つけ汁で食べる埼玉県の「冷汁そうめん」など様々あります。

また近年では、お料理アプリの普及やSNSなどの影響で、“そうめん”の味も思いがけない進化をしています。Panasonic Store Womanでは、この夏とっても真似したくなる“そうめん”の食べ方を写真付きでご紹介いたします。

ねばねばそうめん毎日でもいける!オクラ、納豆などのネバネバ系プラス


エスニックそうめんエスニック風で香りから美味しく食べるカレーそうめん


サラダそうめんたくさんの夏野菜を加え、サラダ感覚で食べるそうめん


辛いそうめんラー油をかけると刺激的な辛さがヤミツキに!


夏の思い出“そうめん”エピソードいろいろ

episode-1
亡き父は、そうめんはナスといんげんを一緒に茹でたものが好きでした。そうめんはこれでないと不機嫌になって食べない!という人でした。見た目も良くないし、昔は嫌いでしたが、時々素朴なこのそうめんが無性に食べたくなります。私もそのころの父と同じくらいの年になったからかな(笑)。

episode-2
小さい時は色付きのそうめんが珍しくてそれが欲しくてしょうがなかった。家庭用流しそうめんセットを買ったのですが、回る速度が結構速く、なかなか食べられませんでした。結局、止めて食べたので流しそうめんでなくなりました。

episode-3
夫とお見合いして、初めてのデートで長門峡というところに行きました。ちょっと歩くだけかと思ったら何キロも・・・立ち寄った小さなお店で食べたおそうめん!美味しかったです。氷水に入っていて、なぜか蒲鉾と缶詰のみかんがのっていました。

episode-4
主人の里では、そうめんの上に冷麺みたいに色々な具材がのって出てきたのでびっくりしました。22歳で結婚したばかりで、何も解らなかったので「えっと!」思いました。

episode-5
母が作るそうめんは必ず卵焼きがセットになっており、私もそうするものだと思っていたが、世間ではそうでもなかった。私が作る時も卵焼きをつけているが、枝豆や漬物などなにか具を入れるようにしています。

episode-6
猛暑の日に「昼はそうめんでいいや」と投げやりに言った旦那に「そうめんでいい、なんてよく言えるね。熱い火の傍で茹でる身になれ!」とブチ切れた。

episode-7
息子が高校生時代、夏の野球部活動の際はお昼に暑くて食欲がなくなるのですが、麺類だと何とか食べてくれるのでお弁当に入れていました。

episode-8
小さいときは夏の土曜のお昼が必ずそうめんで、家族で吉本新喜劇を見ながらわいわい食べるのが楽しみで仕方ありませんでした。そうめん=家族の思い出です。私も息子が大きくなったらそんな日常を作ってあげたいです。

e-PROシリーズ ハイパワーミキサー(MX-XE901)を使った“トマトそうめんレシピ”のご紹介

とまとそうめん
トマトそうめん 材料 4人分※重量は賞味量です。

トマト:約中3個(600g)

A だし汁:100ml
 薄口しょうゆ:60ml
 太白ごま油:大さじ1

絹ごし豆腐:½丁(120g)
かたくり粉:適量
鶏ささ身:2本

B とうもろこし(ゆでたもの):½本
 オクラ(ゆでたもの):2本
 車エビ(ゆでて皮をむいたもの):4尾

ズッキーニ:½本
黒こしょう:適量
そうめん:3束

フローズンモードボタンをワンタッチするだけで、見た目も美しい仕上がりにかくはん、驚くほど簡単・手軽にプロ仕様のお料理を実現してくれます。冷凍したトマトを使ったそうめんなら、食欲のない時でもおいしくいただけますね。

記事タイトル
e-PROシリーズ ハイパワーミキサー
料理の仕上がりにワンランク上のクオリティを求める方のためのハイパワーミキサー。
香り豊かな胡麻だれはもちろん、鶏の手羽先を骨ごとかくはんする冷やし坦々スープもオススメです。

まとめ
かつては七夕節句のお供え物として日本に広まった“そうめん”。今年の夏も七夕の頃から“そうめん”を食べ始めたというご家庭が多いのではないでしょうか。

シンプルな食べ物だけに奥深く、いろいろな味との相性が良い“そうめん”。今年の夏はe-PROシリーズ ハイパワーミキサー(MX-XE901))でバリエーション豊かな“そうめん”に挑戦し、ひとつ上のお料理を目指してみるのはいかがですか?

e-PROシリーズ ハイパワーミキサー(MX-XE901)についてもっと詳しく知りたい方はコチラをチェック

おいしい!も楽しい夏の思い出。「夢のある暮らし」を描こう。-Panasonic Store Woman-

有馬敏浩
EDITOR
コピーライター
有馬敏浩
育メンコピーライター(一女の子育て中)。新聞広告・商業系グラフィックや不動産広告・SP ツール・WEB・ブランディング企画、PR媒体など幅広いジャンルで活躍中。
20170807KV

現在実施中のアンケート

【第二回】あなたの「ここが好き!」を聞かせてください!Panasonic Store Womanサイトアンケート

アンケートに答えて、豪華賞品を当てよう!

家電やショッピングポイントなど豪華賞品が当たる会員限定のアンケートキャンペーンを定期的に開催しています。メールマガジンで随時参加を募集していますので、ぜひご登録ください。

▼これまで開催したアンケートキャンペーン例
>「整理収納」アイデア 大募集!
> Panasonic Store Womanサイトアンケート
>「得意な鍋料理」アンケート

an_sample

メールマガジンご登録はこちらから

somenKV1

この記事が気に入ったら

メルマガ登録(無料)

毎週、最新情報をお届けします。

この記事をシェアする
LINEGOOGLE+HATENAFACEBOOKTWITTER
『Panasonic Store Woman』
Panasonic Store Womanは、輝き続けたい女性と共に「夢のある暮らし」を描きます。
  • Facebook フォローする
  • Twitter フォローする
  • 無料メルマガ
  • お問い合わせ
PageTop
  • 髪のためにできるこ
  • 美容家電ができる最高のケアの、その先へ。