pixta_20810896_M
2017/2/27
LINEGOOGLE+HATENAFACEBOOKTWITTER

マンネリ“鍋”解消!家族も喜ぶアイデアいっぱいの「得意な鍋料理」アンケート結果発表

美味しい上に手軽で簡単!でも、ワンパターンになってしまいがちな鍋料理。そこでみんなに教えたい自慢の鍋料理を募集させていただいたところ、大勢の方からご応募いただきました。

ちょっとした手間で驚くほど美味しくなる鍋、寒い季節に温まる鍋、さらに美容に良い鍋など、すぐに試してみたくなる鍋料理のひと工夫が盛りだくさん。シメには、鍋にまつわる“ほっこりエピソード”もご紹介させていただきます。さっそく見ていきましょう!(有効回答数2,762名)

 

好きな鍋料理 人気ナンバー1は『すき焼き』。でもよく作るのは『寄せ鍋』

Q 好きな鍋は?

nabe02
Q 良く作る鍋は?

nabe03
Q 鍋料理を作る頻度は?

nabe01

鍋料理を作る頻度を尋ねたところ、週に1回と回答した方と少なくとも月に1、2回と回答した方がそれぞれ約40%と合計約80%以上のご家庭で、この時期は鍋料理 を食べていることが判りました。週に2回以上が16%、ほぼ毎日と答えた方も2%もいらっしゃり、冬の定番料理として“鍋”がいかに大切であるかも判りました。そこで好きな鍋料理を尋ねてみると、1位は『すき焼き』、2位は『寄せ鍋・ちゃんこ鍋』、3位が『おでん』。しかし、堂々のトップだった『すき焼き』 は、よく作る鍋では3位以内に入れず4位という結果。美味しいけど、やはりコスト的に回数を重ねることは難しいようです。


nabe04

好きな鍋料理のシメとして、『ラーメン』が登場したのは、最近、鍋スープにラーメン用がスーパーなどで多く見られるからではないでしょうか。シメの『ラーメン』は、これからもっと流行っていきそうですね。

 

全国津々浦々、いろんなご当地鍋を作ってみたい!

Q ワンパターンに悩む方が挑戦してみたい鍋料理は?


nabe05

作ってみたい鍋を尋ねたところ、『石狩鍋のような地方鍋』との回答が1,200件にも迫る勢い。石狩鍋の北海道だけでも他に三平汁、蟹の甲羅鍋、イカ鍋など、いろいろありますが、季節の野菜を上手に使って、いつもとは違う風味で鍋を楽しみたいというご意見が多いようです。『チーズ鍋』や『トマト鍋』などの一風変わった鍋料理が上位にきていることからも、ついつい作ってしまうワンパターン鍋から脱却したいという方が多いことが判ります。

 

冬の定番をもっと楽しむ! みんなの自慢の鍋料理を大公開!

1_yomatake『みぞれ鍋』
たっぷりの大根おろしを使ってあっさりといただきます。家族からも大人気です。
広島県在住 40代女性

1_toonworld『豆苗鍋』
鍋料理の機会が多いので、値段の安い豆苗をふんだんに使い、お財布にも優しい鍋に♪
大阪府在住 30代女性

1_ミズようかん『丸ごと鶏鍋』
鶏を1羽丸ごと使います。見た目のインパクトも出るし、だしが凄く出て、野菜が美味しくなります。人気の具材はいつも取り合いです。
大阪府在住 30代女性

koba2106『肉豆腐鍋』
八丁味噌と手作り味噌をブレンド。だしは昆布にこだわって作ります。シメは煮込みうどんで最後まで美味しい。ヘルシーなお豆腐と白菜は相性ピッタリ。
栃木県在住 60代男性

ranran00『トマト鍋』
子どもが喜ぶ鍋。野菜もたっぷり食べてくれます。シメにはチーズと卵、ごはんを加えてひと煮立ち。熱々チーズリゾットがおすすめです。
群馬県在住 40代女性

 

鍋にまつわる“ほっこりエピソード”

○いちばん下の子がしめじが大好きで、鍋に入れた途端に全部取ってしまい、私はいつも食べられません。おねがーい、私の分も残してって毎回思う。

○結婚当初は料理が全然できなくて、毎日のように鍋料理を作っていました。それが原因で旦那は料理教室に通いはじめ、いまでは夫婦そろって通っています。

○おあげの中に秘密の具材(チーズやミニトマトなど)を入れ、謎めいた鍋パーティーをして楽しんでいます。

○海外から友人が来た時は、必ずおでんを作ります。海外でもすき焼きは有名ですが、おでんは少ないので、日本の家庭料理として喜んでくれます。

○彼の実家ですき焼きをいただき、そこで初めて関東と関西では作り方が違うということを知りました。

○すき焼きの時は必ずパパが鍋奉行。最初に肉を焼くなど順番が決まっていて、家族お決まりの食べ方を必ずします。

○家族が集まると鍋。お祝いがあればすき焼き。どちらも会話が弾みます。でもまたかよーって言われます(笑)
 

土鍋、IH調理器を使うご家庭が一般的

Q 鍋料理をする時に重宝する鍋は?


nabe06

具材への火の通りや蓄熱性などそれぞれのメリットがあり、すき焼きには鉄鍋、寄せ鍋には土鍋が良いと一般的に言われています。しかし実際は、鍋料理に合わせて鍋を変えるというご家庭は少ない様子です。アンケート上位結果となったのは、土鍋と卓上IH調理器。今回のアンケートプレゼントになった卓上IH調理器(KZ-PG33-K)は、火力調節が難しい土鍋(IH対応)と相性が良く、まさに鍋料理の黄金コンビと言える優れもの。自動で火力を抑えて吹きこぼれを防ぎ、鍋につきっきりにならなくて良いなど便利でおすすめです。

 

まとめ
具材を選ばず、すぐに楽しめる鍋料理。体も温まるし、野菜がたくさん食べられてヘルシー。さらに片付けも簡単ときて、冬には絶対に欠かせない料理ですね。しかし、鍋も週に1回、3日に1回となると、味変したくなるのも当然です。白菜鍋に飽きたら、ちょっとレシピを変えてピェンロー鍋にするのもいいですし、冷蔵庫に残ったひとネタを加えて楽しむのもおすすめです。ご紹介させていただいた皆さまの鍋料理にもぜひチャレンジしてみてください。今夜は鍋料理で決まり!ですね。

さらにレベルの高い本格鍋を作ってみたいという方は、下ごしらえにハイパワーミキサーを!プロの味がご家庭で楽しめます。使うお鍋には、火力が自動調節できて吹きこぼれ知らず、だしとりが簡単な卓上IHがおすすめです!

新しいアイデアを取り入れて、「夢のある暮らし」を描こう。-Panasonic Store Woman-

有馬敏浩
EDITOR
コピーライター
有馬敏浩
育メンコピーライター(一女の子育て中)。新聞広告・商業系グラフィックや不動産広告・SP ツール・WEB・ブランディング企画、PR媒体など幅広いジャンルで活躍中。

アンケートに答えて、豪華特典を当てよう!

ショッピングポイント・クーポンや景品など豪華特典が当たる会員限定のアンケートキャンペーンを定期的に開催しています。メールマガジンで随時ご案内しておりますので、ぜひご登録ください。

メールマガジンご登録はこちらから

pixta_20810896_M

この記事が気に入ったら

メルマガ登録(無料)

毎週、最新情報をお届けします。

この記事をシェアする
LINEGOOGLE+HATENAFACEBOOKTWITTER
『Panasonic Store Woman』
Panasonic Store Womanは、輝き続けたい女性と共に「夢のある暮らし」を描きます。
  • Facebook フォローする
  • Twitter フォローする
  • 無料メルマガ
  • お問い合わせ
PageTop
  • 体験者の声
  • 美容家電ができる最高のケアの、その先へ。

会員限定キャンペーンやイベント、最新情報などをお届けいたします!

閉じる

無料メルマガ登録

会員限定キャンペーンやイベント、最新情報などをお届けいたします!

閉じる

無料メルマガ登録