0517tea01
2017/5/17
LINEGOOGLE+HATENAFACEBOOKTWITTER

漢方でカラダの中から美肌をめざす

明らかな病気ではないものの“なんだか不調”という状態に悩まされている女性にこそ知ってほしい、漢方のチカラ。

例えば“冷え”。寒い冬はもちろんですが、暑くなってくるとつい油断しがちな“夏の冷え対策“。
肌の露出、冷房に加え、冷たい飲み物などの影響で、実は思っている以上に身体は冷えていて、放置すると深刻なトラブルにつながることも。

漢方、と聞くとちょっぴり難しそうですが、
「暑さ対策には冷たいものを食べたり飲んだりするのではなく、身体の熱を取り除く、トマトや茄子などの夏野菜を温かく調理していただく」
「冬の寒い時期には、紅茶やスープにしょうがを加えて体を中から温める」
といった暮らしの知恵も、実は漢方の考え方なのです。

鏡で舌を見て、両脇に歯型がついていたら体がむくんでいる、舌の裏側を見て縦に2本ある静脈が太くなっていたら血の巡りが悪いという具合に、西洋医学とは異なる方法で健康状態を診断するのも「舌診」といって漢方の診察のひとつです。

そんな“遠いようで身近な漢方”について、薬剤師で中医師でもある花凜堂漢方薬局崎山先生にお話を伺いました。

0517tea02

植物の力を借りてバランスをとる“漢方”って?

0517tea03

漢方のルーツは中国の伝統医学

さまざまな生薬が入ったガラス瓶が並ぶ、中国の薬局。“漢方”の言葉から、まずこんなイメージが頭に浮かぶ人も多いのでは? 確かに漢方のルーツは、中国伝統医学(中医学)。何千年と続く歴史に裏打ちされた中国に伝わる医学で、この中医学が日本に伝来し、日本の医学の基本となっていました。
その後、日本に伝わる民間療法の知識なども付け足され、日本で発展したのが「漢方医学」。要するに“漢方”は、日本独自のものなのです。江戸時代に西洋医学が日本に入ってきて医療の主軸となりましたが、植物の力を使って体のバランスを整え、“病気になりにくい体をつくる”という漢方の考え方が、「予防医学」のひとつとして支持されています。

あらゆるものは5つに分けられる−−−陰陽五行説という考え方

漢方の考え方のベースとなっているのが“陰陽五行説”。まず、「昼と夜」、「寒い・暑い」、「上・下」、「寒色・暖色」という具合に、私たちをとりまくすべての物事は「陰・陽」に分けられ、さらに「木・火・土・金・水」(もく・か・ど・ごん・すい)の5つに振り分けられるという考え方です。例えば、内臓、器官、味覚、色、感情、季節、五臓の嫌う外気の性状、なら下のように分けられます。※諸説あり

0522

そして漢方では、この「木・火・土・金・水」すべてのバランスがとれていることが健康の条件とされています。症状が出た部分だけでなく、体と心全体が繋がっているという考え方で、全体のバランスを重視するのです。またイラストの図の矢印のように、五行は赤い線の「相生(そうせい)」と青い線の「相克(そうこく)」の関係でバランスをとっていると考えられています。「相生」は、親子のような関係。「肝臓」がしっかりと動いていれば「心臓」も動き、「心臓」が動いていれば「脾臓」(中医学で言う脾臓とは消化吸収を司る臓器のこと)も動く、ということです。

illustration0522

「相克」は、お互いを制御する関係。たとえば「木」は「土」から栄養を取り、「土」は「水」をせき止める、「水」は「火」を消し、「火」は「金(属)」を溶かし、「金(属)」が「木」を切るという具合です。五行に当てはめられたものは、すべて同じように相生と相克の関係にあり、影響を受け合っています。

具体例を挙げてみると… 脾(胃)が弱い人は、顔色が悪く(黄色っぽい)比較的甘いモノが好きで、生理前など口の周りに吹き出物が出来やすい。性格的には思い悩む傾向があり、土用(季節の変わり目)に体調を崩しやすい。 といった形です。

漢方で、日常的に体のバランスを整える

0517tea06

漢方の考え方をご紹介しましたが、やはり突然漢方薬を取り入れるのはハードルが高い…そこで崎山先生が提案するのは、薬ではなくお茶。日本人に馴染みのあるお茶をベースに生薬をブレンドした、飲みやすく、おいしいオリジナルブレンドの漢方茶です。生薬をブレンドしたお茶には健康茶、薬膳茶と呼び方は様々ありますが、崎山先生がブレンドするオリジナルの漢方材料を使ったお茶を「漢方茶」と呼びます。
漢方茶が作られているのは、崎山先生の薬局がある奈良県奈良市。ここで体質の相談や、カウンセリングをしてその人の体質に合った漢方茶をブレンドしています。奈良県には生薬を栽培している農家が多く、いつか先生自身も栽培から携わりたいという夢がある、と教えてくださいました。

お話をうかがったのは

0517tea07

薬剤師・国際中医師 崎山久美子先生

【花凜堂漢方薬局】
奈良市富雄元町2-5-20トミオプラザ206
TEL 0742-85-0234

漢方でカラダの中から美肌をめざそう。「夢のある暮らし」を描こう。-Panasonic Store Woman-

Panasonic Store Woman 編集部
EDITOR
Panasonic Store Woman 編集部
0517tea01

この記事が気に入ったら

メルマガ登録(無料)

毎週、最新情報をお届けします。

この記事をシェアする
LINEGOOGLE+HATENAFACEBOOKTWITTER
『Panasonic Store Woman』
Panasonic Store Womanは、輝き続けたい女性と共に「夢のある暮らし」を描きます。
  • Facebook フォローする
  • Twitter フォローする
  • 無料メルマガ
  • お問い合わせ
PageTop
  • 体験者の声
  • 美容家電ができる最高のケアの、その先へ。

会員限定キャンペーンやイベント、最新情報などをお届けいたします!

閉じる

無料メルマガ登録

会員限定キャンペーンやイベント、最新情報などをお届けいたします!

閉じる

無料メルマガ登録